癌の転移は恐ろしい【早期発見で生存率UPを目指す】

医者

直腸に発生するがん

看護師

直腸がんは大腸がんの中でも割合の多いがんとして知られているがんです。大腸の中でも直腸部分にがん細胞が発生したがんの事を呼びます。このがんの主な発生原因としては欧米の食文化が定着したことによって積極的に摂取する動物性脂肪が原因だとされています。肉をよく食べて発がん予防に効果的な飽和脂肪酸を多く含む魚や野菜、果物を食べなくなってしまっているのでこれらを積極的に摂取する必要があります。直腸がんの発見方法としては肛門から出血です。そのため排便などの際に血便になってしまったり、便の色が赤黒く変色してしまったりします。しかし、これらの症状は痔などと勘違いされやすいので自己判断で解決するのではなく一度大腸がんなどに関する検査を受けたほうが良いでしょう。直腸がんの症状としては血便だけでなく、大腸の働きが不安定になることから便秘や下痢、残便感や腹痛などを引き起こしてしまうので便の変化には十分な注意が必要です。主な検査方法としては、肛門から直腸指診を行なっていきます。この検査方法はゴム手袋などを着用して患部である直腸を触って異常の有無を確認します。他にも直腸鏡検査によって直腸を観察する方法となっています。ライトとレンズを直腸に入れることによってしっかりと直腸内部を見ることが出来るので安心して利用することが出来るのです。人によっては部分麻酔を行なってポリープ組織を採取する道具を付けてから検査を行なう場合もあります。検査を行なってから異常がある場合はこれを細かく調べて直腸がんであれば適切な治療を行なっていきます。