癌の転移は恐ろしい【早期発見で生存率UPを目指す】

医者

治療が難しい胆道のがん

男性

病気の特徴

肝臓で造られ脂肪を消化する胆汁を十二指腸に運ぶ管を胆管といいます。胆管は肝臓内にある胆管と肝臓外にある胆管に分かれています。がんは両方の胆管にできますが、肝内胆管がんは肝臓がんに分類されるため、ふつう胆管がんといえば肝外胆管がんを指します。胆管がんはすい臓がんと並んで治療が難しいがんとして知られています。肝臓の病気・胆管の炎症や潰瘍性大腸炎などは、胆管がんになる危険性を増やします。初期には症状がないことが多く、進行してはじめて右上腹部の痛みや黄疸などの症状がでてきます。発熱・吐き気や体重減少などがあることもあります。胆管がんの診断には、肝機能検査・超音波検査やコンピューター断層撮影法・胆管内の胆汁を調べる細胞診や内視鏡を用いる検査がおこなわれます。

病気の治療

広がりが限られた胆管がんに対しては、がんと共に胆管の一部と所属のリンパ節を摘除する手術がおこなわれます。がんができる部位によっては、すい臓の頭部・十二指腸の一部や胆のうを切除する難しい手術になります。胆汁の流れを確保するための胆道バイパス手術やステントとよばれる金属製の筒を胆管に留置する手術もおこなわれます。手術ができない場合や患者さんが手術に耐えられないと判断される場合には、化学療法や放射線療法がおこなわれます。化学療法では、シスプラチンとゲムシタビンの二剤が併用されます。放射線療法には、体外から放射線を照射する方法と胆管のなかからラジウムなどの放射性物質をあてる方法があります。痛みに対してはオピオイドなどの鎮痛剤が処方されます。