癌の転移は恐ろしい【早期発見で生存率UPを目指す】

医者

がんの転移問題

病棟

癌は非常に厄介な病気として知られています。それは癌が発生した場所以外に転移してしまう可能性のある病気だからです。転移と言うのは癌特有の用語で、はじめに発生した場所以外の臓器にも癌が移動してしまうことを言います。これは癌がリンパ節や血液に進入することによって発生する可能性があり、この状態になってしまうと末期症状と判断されます。そのため、癌が発生した際には早期発見が重要だと言われているのです。末期症状である複数の箇所に転移している場合はどんなに患部を取り除く外科的手術を行なっても小さな癌を取り除くことが出来ないので外科的手術はほぼ無意味になってきます。末期症状の場合は放射線治療や抗がん剤治療などで治療を施していくのです。転移してしまうと非常に厄介なので転移前に行なう予防法や転移してしまった際の症状緩和治療を知っておきましょう。まずは転移を起こしやすい場所を知っておく必要があります。転移しやすい場所としてはリンパ節が近い場所で、肺がんや胃がん、卵巣がんや子宮がん、乳がん、直腸がんなどが上げられます。特に、乳がんなどは進行が早い場合が高いので乳がん検診などを定期的に受診しましょう。リンパ節は私達人間の筋肉層よりも下の部分にある器官ということもあり、癌がそこにたどり着くまでには時間が掛かってしまう場合があります。進行速度には個人差がありますが、リンパ節のある層までたどり着く前に切除手術を行なえば5年生存率と同時に転移の可能性も低くなるので出来る限り早めに発見して取り除く必要があるのです。

直腸に発生するがん

看護師

最近では多くの方が大腸に発生するがんである直腸がんに悩まされています。直腸がんの場合は発見しやすいがんなので少しでも便の調子が悪い時は医師に相談してみることで早期発見をすることができます。

Read More...

治療が難しい胆道のがん

男性

胆管がんの多くは、進行してはじめて黄疸などの症状がでてきます。胆管がんの診断には肝機能検査や超音波検査などがおこなわれ、治療には手術療法・シスプラチンとゲムシタビンによる化学療法・放射線療法や胆汁の流れを確保する治療などが実施されます。

Read More...

乳がんを発見するために

女性

日本人はがんにかかる率が2分の1ととても高く、発見が遅れるほど進行しているので死亡率も高くなります。しかし、乳がんは検診さえすれば簡単に発見でき、予防できる病気です。1年に1度の検診で安心を得ることができるので、異常がない場合でも乳がん検診を定期的に受けていきましょう。

Read More...

Associated Link

  • 癌の転移について知るためのサイト

    必要な知識に関することがサイトに掲載されています。癌の転移に疑問を感じている人はここを拝見してみるといいです。